全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。
最近では、ご参列いただく方々の時間的な都合を考慮した上で、初七日の法要を葬儀当日に行うケースが非常に増えてきています。そういった中で、葬儀後に行なわれる法要として七十七日(四十九日)が最初にいとなまれています。 法要を行うにあったって、一般的な準備の流れをご紹介します。


  1. 菩提寺に連絡を入れ、ご住職のご都合もお伺いした上で、法要(四十九日)の日程を決定します。
    ※ お葬式情報ネットの寺院ネットワークの中からご僧侶様にお越しいただき読経していただくことができます。お気軽にお問合せください。
    ※ 正しくは故人のお亡くなりになった日から四十九日目に営むものですが、都合によって変更しなければならない場合には四十九日目よりも遅くならないようにしましょう。

  2. 法要を営む場所の選定。
    (自宅、菩提寺、霊園等)

  3. 招待者を決めます。
    (一周忌までは近親者や親戚だけでなく、故人の友人・知人も招きます。)

  4. 案内状を出します。
    (電話で連絡することもあります。)

  5. 香典返しと忌明けのあいさつ状の印刷の準備をしておきましょう。
    ※ 必ずしも香典返しをしなければならないというものではありませんが、現在では香典返しをするケースが圧倒的に多いため、されて当然と思っている人もいるようです。

  6. 納骨の時期を相談しておきましょう。
    (四十九日に併せて行うのかそれ以降の法要にて行うのか)

  7. 納骨をする場所や方法も相談しましょう。
    (墓地、霊園、納骨堂、散骨等)

  8. 位牌を白木から塗り位牌に変える(戒名を彫ってもらうなど)準備をします。

  9. 仏壇を購入するようであれば、位牌とあわせて揃えると良いでしょう。

  10. お斎(会食)をする場所や料理を予算にあわせて選択します。
    ※和食の仕出し弁当が一般的のようですが、最近はケータリング式の料理を用意したり、和洋折衷の料理など新しいスタイルが増えてきているようです。

  11.    
  12. 供花・供物を手配します。

  13. 忌明けにあわせて遺品の整理と形見分けをしておくと良いでしょう。


香典返しは仏式では七七日忌(四十九日)か、故人がなくなってから七七日忌まで3ヶ月にわたる場合は五七日(三十五日)の忌明け後に、忌明けのあいさつ状を添えて送るのが一般的です。

  • 品物は一般的に使われる日用品がいいとされています。(お茶、砂糖、シーツ、タオルケット、石鹸、毛布など)都市部ではカタログギフトも人気があります。
  • 一般的には「半返し」といわれるように香典金額の3分の1から2分の1程度の品物を返しますが、天寿をまっとうされた場合には同額に近いものを返すこともあります。
  • 最近では即日返しが増えてきたこともあり、特に高額の香典をいただいた方以外には、もらった額の多少にかかわらず全員に同じ品物をお返しすることも多いようです。
  • いただいた香典の額に応じ、お返しの品を3種類くらい用意するというのも方法の1つです。


葬儀を終えるや否や葬儀関連業者によるさまざまな誘致案内が殺到することがあります。その中のひとつが香典返しの勧誘です。偽名を使って喪主の住所をつきとめ、電話やチラシによるしつこい勧誘を行ったり、大幅割引をうたっているものの破損品対する保証が全くなく交換が不可能であったり、依頼金額とは別の安い品物のカタログギフトの冊子を送られてきたというトラブルが発生しています。
そのようなトラブルに巻き込まれないように、しっかりと判断をする必要があります。ご質問がございましたら、いつでもお気軽にお葬式情報ネットにご相談なさってください。ご相談に応じたアドバイスをお伝えさせていただきます。



香典の本来の意味から言っても、きちんと御礼のあいさつをすれば香典返しはしなくても失礼になりません。ただし、最近では香典返しをするケースが圧倒的に多いため、されて当然と思っている人も多いのではないでしょうか。

寄付などをした場合は、寄付先からもらったあいさつ状などをコピーして同封します。
※ 弔電のみいただいた方・・・品物でのお返しは必要なく、礼状をかきましょう。



香典や供物・供花などをくださった方には、忌明け後、忌明けの法要をすませたことを報告するあいさつ状を送ります。忌明けのあいさつ状は現在では香典返しの品に添えて送るのが一般的になっています。
  • あいさつ状の文面は決まった形式があり、葬儀関連業者社やデパートなどで印刷してくれます。
  • すでに印刷してある書状に戒名を書き込むだけのあいさつ状も市販されています。
  • 弔事の手紙は一枚で書き終えるのがしきたりのため、印刷する場合も巻紙に薄墨風の印刷をするのが一般的です。
  • 巻紙は用紙の最初のほうから巻く逆巻きにするようにします。
    ※最近では形式にとらわれず、白いカードに自分の文章であいさつ状を印刷するケースも増えてきているようです。

香典返し商戦の中、業者によっては「忌明けのあいさつ状」はもちろん「喪中の年賀状」まで無料でサービスしてくれるところもあります。
商品の質もよく、サービスが充実したところを賢く利用されたらいかがでしょうか?ご質問がございましたら、お葬式情報ネットへお気軽にご相談ください。相談に応じたさまざまな情報を提供させていただきます。


  1. 僧侶をお迎えに行きます。または、お車代を用意します。
  2. 僧侶が到着されたらお茶の接待をします。
  3. 仏壇にローソクを灯し、お花を生け、供物をそなえます。
  4. 施主は礼服または略礼服を着用し、数珠を持ちます。
  5. 法要は、一同着席、施主の挨拶、読経、焼香、法話の順に進められます。
  6. 法要の後、お斎(会食)に移ります。
  7. 席順は僧侶を主座に親戚・故人と親しかった順に並び、施主及び家族は末席に座ります。
  8. 引物やお供物を分けてお渡しします。

    僧侶にお布施をお渡します。
    ※法要の際の僧侶へのお布施は平均3〜5万円位が相場のようです。また、お車代は別途ご用意された方が良いでしょう。

仏教では死者は亡くなった日から数えて7日目にあたる初七日から二七日(ふたなぬか)(14日目)、三七日(みなぬか)(21日目)、四七日(よなぬか)(28日目)、五七日(いつなぬか)(35日目)、六七日(むなぬか)(42日目)、七七日(しちしちにち)(49日目)と、7日目ごとに7回、死後の世界の裁判官である閻魔(えんま)によって生前の功徳に対する裁判を受け、来世で行くべき場所が決定されると言われています。
そのため残された者は閻魔帳に記録されている罪業を消滅させるため、それぞれの裁判の日(忌日)に、故人の冥福を祈って法要を行います。なお七七日までの故人の霊がさまよっている機関を中陰(ちゅういん)というため、忌日に営む法要を中陰供養ともいいます。
また判決によって故人の霊が極楽浄土にいけるかどうかが決まる七七日が、一般にいう忌明けということになります。


お葬式情報ネットでは、墓地・墓石の選び方〜僧侶様の手配、お布施のご相談など葬儀後についてトラブルがおきないよう、ご相談に応じたアドバイスをお伝えさせていただきます。お気軽にご相談してください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介