全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。
忌明けを迎えると、遺骨はお墓に入ります。墓地の種類や墓石の種類などしっかりと比較・検討した上で、選びたいものです。


1)寺院墓地
宗教法人が管理・運営を行っています。良い点は、お寺が近くにあるケースが多く、葬儀や法事に便利であり、僧侶に頼めばいつでも読経、供養してもらえます。

■使用するにあたって知っておきたいこと・・・
  • 原則として境内墓地を使用するのはその寺の檀家に限られます。
  • 新しく墓地を購入後は檀家になることを求められ、その宗派やしきたりによって法要等をとり行います。
■申込み方法
  • 常時申込みを受付ていますが、定員になりしだい、締め切ります。そのつど寺院に確認をしてみましょう。
■費用について
  • 公営墓地のほうがやや経済的。墓地取得にかかる費用や管理料が必要です。

2)公営墓地
都道府県や市町村などの自治体が管理・運営している墓地のことです。宗旨、宗派を問わず、永代供養料が比較的安く、管理が行き届いてる為、競争率は毎年増加しているのが現状です。

■使用するにあたって知っておきたいこと・・・
  • 申込者の募集後、抽選を行うのが一般的です。
  • 申込者の現住所がその自治体に限られることもあります。
  • 資格や条件は細かいので各自治体の墓地担当課(霊園課)に問い合わせましょう。
■申込み方法
  • 申込みのしおりに添付されている使用申込書に必要事項を記入し、各自治体の墓地課に郵送します。(窓口での受付は行っていない所が多いようです。)
  • 申込者には抽選結果が通知され、当選した人を対象に書類審査が行われます。このとき戸籍謄本、本籍記載の住民票、遺骨の証明書を提出します。(手続きを代理人に依頼する場合・・・申請内容を説明できる人に頼みます。)
■抽選について
  • 霊園別・埋葬場所の組別に行われます。当選順位により埋葬場所を割り当てられるので指定はできません。
  • 当選後、使用許可の日から3年以内に遺骨を埋葬しない場合は場所を返還します。

3)民営霊園墓地
厚生労働省から認可される経営主体は宗教法人、公益法人(財団法人または社団法人)となっていますが、現在では株式会社組織による企業が運営する墓地も増えています。

■使用するにあたって知っておきたいこと・・・
  • 宗教、宗派を問わず、誰でも利用できます。
  • 遺骨がなくても利用できます。
  • 居住地による資格制限がなく、区画がいっぱいになるまで常時受付を行っています。
  • 都市部の新しい霊園は近隣住民の反対や管理不十分なことも多いので、慎重に選びましょう。
■申込み方法
  • 販売は申し込み順になっており、区画がいっぱいになるまでは常時、申込みを受け付けています。
  • 申し込む前には必ず現地を視察しましょう。
  • 申込み後は内金を入れ、使用料と管理料を払い込みます。
■費用について
  • 公営墓地にくらべると使用料は多少高額ですが、制限が少ないところから人気が高まっています。

4)納骨堂・霊廟
遺骨を墓地に埋葬するまでの間、一時的に保管しておくのが納骨堂の目的とされています。ですが、最近はお墓としての機能を果たしていることも多いようです。寺院が運営しているところでは「霊廟」と呼ぶことがあります。

■使用するにあたって知っておきたいこと・・・
  • 民営と公営があります。
  • 故人の位牌などを安置できる仏壇式のほか、納骨壇だけを設けたコインローッカー式などさまざまなものがあります。
■申込み方法
  • 公営は抽選方式をとっている年もあるので直接霊園に空き状況を確認します。
  • 公営の申込み資格は霊園と同じです。住民票・埋葬許可証が必要です。
  • 寺院運営は直接寺院へ申し込みします。永代供養をしてくれるところもあります。
■費用について
  • 墓地や墓石を購入するよりもはるかに安くすむ点が特長と言えます。
  • 1年契約ごとに使用料を支払うケースが多いようです。
  • 寺院運営では永代使用料として年間管理料が必要です。

5)その他
最近では、埋葬の仕方も多様化しています。散骨といって海や川などに遺骨をまく方法、宇宙葬といって遺骨の一部をはるか宇宙へ飛ばす方法、遺伝子をキーホルダーのようなホルダーに閉じ込めるものもあります。また、山野葬といって埋骨した場所に植樹し、自然帰化するといようなものにも人気があるようです。費用は様々ですが墓地等の後々の管理料等のことを考えて比較されたらいかがでしょうか。

トラブルの中でも一番多いのが墓地に関するもの。墓地にはそれぞれ使用規定があり、資格や制限など様々です。業者に言われるがままに墓石を先に購入したら、その墓地では指定石材店以外利用不可だったために墓石を無駄にしてしまった。とか、葬儀の際、葬儀社に紹介された住職に故人の戒名をつけてもらった後に寺院墓地を探したところ、その寺院で戒名をつけないと墓地を利用できない、あるいはその寺院に対してお布施をつつまなければ墓地を利用できないと言われ、悲しい思いをさせられたという人もいるようです。
まずは、墓地選びの条件をまとめた上で、できるだけ多くの情報の収集に心がけましょう。お葬式情報ネットでは相談者の方がきちんと判断できるように、さまざまな情報を提供し墓地選びのポイントを紹介しております。お気軽に問合せてみてはいかがでしょうか。

□ できるだけ多くの情報を集める
□ 信頼のおける管理会社(事業所)がある墓地を選択
□ 墓地の移転はないか、周囲住民の反対等はないか確認
□ 墓地の環境を確認
□ 墓参りしやすいかどうか交通の便を確認
□ 墓地の造成工事がしっかりしているかどうか
□ 日当たりや風通りはよいか
□ 水はけはよいか
□ 墓地内の道路や水道、トイレなどの清掃が行き届いているか
□ 駐車場やトイレ、売店などの施設は十分かどうか
            

お墓には次のような種類にわかれています。世襲的なもの、個人的なものとさまざまです。

最近では、墓石の形にはさまざまなものがあり、好みによって選ぶことができます。墓所の広さ、お墓の大きさ、形等を検討しましょう。
左写真の他に壁墓地・自然石のお墓・宝塔等などもあります。
また、故人の趣味などを形にした(例えばバイク・ピアノ・ゴルフクラブ・将棋の駒・魚など)墓石もあります。
生前も死後も個性を表現する時代へと移っているのかもしれませんね。


よく「お墓を買う」といいますが、お墓を建てる場合にはお墓そのものと墓地の両方が必要で、それぞれ代金がかかります。墓地は不動産のように購入するのではなく、使用料を払って使用権を得るものです。使用料は土地によって違いがあります。 価格は所在地の地価の2~3倍ともいわれますが、全国的にみると一区画4Fで40万円〜80万円が一般的なようです。 この他に管理料が発生します。これは施設などの管理に使われる費用で、永代使用権を持ち続ける限り、支払わねばなりません。金額や支払方法はまちまちですが、年間で3000円くらい〜となっています。

墓石として使われている石の種類は300種類以上もあります。最近の日本の墓石に使われている石のおよそ90%は中国からの輸入によるものと言われています。加工技術の向上と国内の競争力によって、日本の製品と遜色ないレベルになっているといわれています。
〜 人気ベスト4 〜 国産の主な産地
1. 花崗岩(かこうがん)…御影石など
2. 斑レイ岩(はんれいがん)
3. 閃緑岩(せんりょくがん)
4. 安山岩(あんざんがん)
1. 福島県…相馬石、浮金石
2. 茨城県…稲みかげ
3. 愛知県…三崎みかげ、岡崎みかげ
4. 香川県…庵治(あじ)石
5. 愛媛県…大島みかげ
6. 岡山県…北木石
7. 神奈川県…本小松石

墓石の価格
石の材質や大きさ、等級などにより違いがあります。数十万円から一千万円以上するものまでさまざまです。何度も建てかえることはありませんので、余裕をもった予算をたてておきたいものです。


☆ 土地や石材店によって違いが出たり、工事費や彫刻費が別というところもあります。必ず自分でお店に足を運んで確かめ予算に応じてきめましょう。
☆ 墓石の価格には加工料から据付までの費用が含まれているのが普通です。
☆ 余分な装飾品を省いたり普及品を使うことで費用を抑えることも可能です。

僧侶の手によってお墓または仏壇に魂を入れてもらうことを開眼供養といいます。新しくお墓が完成した時や新しく仏壇を購入した際にこの供養を行います。
開眼供養の準備
  1. お墓(仏壇)の完成日が決まったら、その時期の忌日を選んで行うことが多いようです。
    (1周忌や三回忌などの年忌法要、お彼岸、お盆などの仏事に合わせて)
  2. 菩提寺の僧侶に日程の相談をします。霊園の場合はお葬式情報ネットもしくは管理事務所に僧侶の手配を依頼します。
  3. 法要(開眼供養)に招く人の選定をします。
  4. 法要の日までに墓石に、故人の戒名、俗名、没年月日、没年齢などを刻んでおきます。
  5. 当日の法要後のお斎(お食事)の手配をしておきます。
  6. 僧侶にお布施を包みます。菩提寺以外の場所にきてもらう時はお車代も用意します。
開眼供養にかかる費用

  1. 仏具の借り賃
  2. 供物(菓子・果物)代
  3. 花代
  4. 納骨代(石材店に払います)
  5. 僧侶へのお布施
  6. 法要の後のお斎の費用
法要でお世話になった石材店や管理所の方には、「志」としてお礼を3,000〜5,000円位包む習慣があるようです。 ☆ 開眼供養はおめでたい儀式なので、参列するなら紅白の祝儀袋を使います。 ☆ 菩提寺や霊園へおこし頂くご僧侶様へのお布施の相場がわからない場合は檀家総代などに相談するか、もしくはお葬式情報ネットまでお気軽にお問合せください。


お葬式情報ネットでは、墓地・墓石の選び方〜僧侶様の手配、お布施のご相談など葬儀後についてトラブルがおきないよう、ご相談に応じたアドバイスをお伝えさせていただきます。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介

copyright © お葬式情報ネット All Rights Reserved.