全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。
1.お盆
2.お彼岸


  • 各地方、宗派によって様々なしきたりや習慣があります。8月13日から4日間までの期間行われることが多く、地方によっては7月15日や、旧暦の7月に当たる8月下旬からとされるところもあります。

  • お盆の最初の日を迎え盆(お盆の入り)、最後の日を送り盆(お盆の明け)と言います。

  • 故人が亡くなってから始めての盆を新盆と言い、普段の盆より丁寧な供養をしますが、四十九日の忌明けより前に盆を迎えた場合は、新盆の供養は翌年に行います。


  1. 仏壇・仏具を清めておきます。

  2. 盆の入りの前に精霊棚をしつらえます。
    精霊棚(しょうりょうだな)・・・真菰(まこも)の上に先祖の位牌を安置し、水や線香、供物を供えたもので地方によってはナスやキュウリに苧殻(おがら)を突き立てて、牛や馬にみたてたものを供えるところもあり、この牛や馬にのって先祖の霊が帰ってくるとされます。(精霊棚は仏壇がある場合、特別に設ける必要はありません)

  3. きれいに掃除した仏壇にはお盆の期間中、朝、昼、晩と3度家族と同じ食事を供えるようにします。これを霊具膳(りょうぐぜん)と言います。

  • 七月盆の場合も八月盆の場合もお盆を始めるのはそれぞれのつきの13日で、この日の夕方に墓参りをして、先祖の霊を迎えに行きます。

  • 墓参りには一族がそろって出かけます。着いたら一族の代表が花や供物を墓前にて備え、それから血縁の濃い順に合掌礼拝し、線香や水をたむけます。お墓が菩提寺の寺内にある場合は、仏前の火をいただき、それを提灯の中にいれその灯火で先祖の霊を家まで導きます。

  • 迎え火の変形として有名なのが盆提灯です。門前に吊るされた提灯は、祖霊がやってくるための目印であり、またその家の中に祖霊が滞在しているしるしであるとされ鎌倉時代からこの盆提灯の風習はあります。
現在では門口の中で苧殻(麻の茎)を炊いて迎え火とするところが多いようです。この場合の火種も寺院や墓場の火であるところが多いようです。



16日には送り火で祖霊をあの世に送ります。この時、先祖の霊があの世へ無事に着くようにと願いを込めて、門前で苧殻を焚きます。京都の夜を美しく彩る大文字焼はこの送り火の名残であるとされます。



精霊棚の供物は蓮の葉に包んだり、わらで編んだ入れ物に包んで(盆舟)明かりをともし、海や川に流しましたが、現在では一部の地域以外は行われていません。打ち上げ花火は元来、精霊送りの行事であったとされています。


  • 故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を「新盆」といいます。普段のお盆より手厚く供養します。

  • 新盆には親戚や縁者から盆提灯が贈られる習わしがあります。(提灯の代わりに1,2万円程度の現金を「御仏前」と表書きして贈り、提灯は家族に買ってもらうようにしてもいいでしょう。)地域によって異なりますが、何もない絵柄のない白張提灯を新盆の時だけ使い、送り火で燃やしたりする風習があるようです。毎年のお盆には秋草の模様などの入った提灯を使います。
  • 自宅に僧侶を招き、読経(棚経)をしてもらいます。この時「お布施」を上書きとした不祝儀袋か半紙で謝礼(お布施)を包みます遠方より来て頂いた場合には「お車代」、昼時と重なれば昼食を召し上がっていただくか「御膳料」を包みます。

  • お盆では生きている者に対する供養も行い健全な両親に対して供養を行うことを生身魂(いきみたま)と呼びます。


彼岸は彼岸会ともいい、春は春分の日、秋は秋分の日を挟んで前後3日間ずつのそれぞれ1週間のことを言います。また、彼岸の初日を「彼岸の入り」真中の日を「彼岸の中日」、最後の日を「彼岸の明け」といいます。
彼岸会の時には在家では仏壇を丁寧に掃除し、また墓参りするのが習慣であり団子をつくって供えることは日本中広く行われています。おはぎはお彼岸の時どこの和菓子屋の店頭に並ぶものですが、春に作るものを「ぼた餅」秋に作るものを「おはぎ」という説もあります。

彼岸には太陽が真西に沈み、その方向に向かって念仏すればかならず極楽に往生することができるとされています。それぞれの宗派の教えを守り修行に励む、いわば仏道習慣とも言えるものです。


お葬式情報ネットでは、墓地・墓石の選び方〜僧侶様の手配、お布施のご相談など葬儀後についてトラブルがおきないよう、ご相談に応じたアドバイスをお伝えさせていただきます。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介