全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

末期の水
臨終間際の人が最後に水をもとめることからきたならわしで、死去後、居合わせた近親者が血縁の濃い順にその口もとをうるおします。あたらいい筆の穂や割り箸の先にガーゼか脱脂綿を白糸でまいたものに水を含ませて行ないます。
枕飾り
ご遺体の枕元に白木の台か経机を置き、三具足と呼ばれる花立、香炉、燭台を供えて飾ります。宗派により違いがあり、葬儀社がそろえてくれるところが多いようです。
一本花
死者の枕もとに立てる一本花は、魂のよりどころとして花一輪を供えるもので、現在ではほとんどがシキミが使われます。シキミはモクレン科の常緑小喬木で毒性があり、動物から仏を守るためとも言われます。
一本線香
香は火をつけると燃えて芳香を放ち続けるところから、命のかぎり仏道を歩む精進業を表すと言われます。線香はとりわけ扱いやすいため、立ち具合によって読経の時間を計ったりします。仏・法・僧の三宝にちなんで一般には三本ですが、略して一本を用います。
一膳飯
人は亡くなると、故人が日常使っていた茶碗にご飯を盛り、中央に箸を立てて枕飾りとして死者の枕元に供えます。土まんじゅうのようにこんもりと盛って箸をたてた姿が、円墳の墓標を立てた形になるところから今日まで伝わっています。不幸を他に及ぼさないという説もあります。
枕 刀
守り刀として遺体の枕もと布団の上に短刀を置くならわしで、魂が抜けたあとに悪霊が入るのを防ぐためといわれます。最近では木刀を用いますが、刃を故人に向けないようにします。カミソリやハサミなどを使う場合もあります。
枕 経
亡くなった後、僧侶にあげていただくお経で、死者はこれによって仏になるとされています。本来は納棺の前に行なわれましたが現代では地方により、また僧侶によって死去後すぐの場合や、納棺後にあげてもらう場合などがあります。
戒名・法名・法号
戒名は本来、生前に出家して仏の弟子になる時授かる名ですが、現在では俗界を離れた死者に菩提寺の僧侶から贈られます。真宗系は法名、日蓮系では法号とよびます。戒名は宗派や社会、寺院の貢献度その他により呼び名や位階等が異なるため、寺院にお問合せいただいたほうが良いでしょう。
忌日
故人が亡くなった日で、命日のことです。仏式では亡くなってから七日目ごとに7回と、月忌、百か日にあたる日を指し、故人の追善をねがって法要を営みます。関東と関西では数え方が異なります。
施餓鬼会
悪道に堕ちて飢えに苦しみ、災いをもたらす鬼や無縁の亡者n供物をほどこす法会で、法要にあわせて行なう場合があります。施主が自らの命に感謝し、長生きを願う意味があります。
法 要
残された遺族が故人の安らかな成仏を願い、一日も早く極楽へ到達できるよう供養をおこなうのが法要です。
法要は死亡した日から数えて七日目の初七日法要にはじまり、七日毎に行っていきますが、これは仏教では死者が冥土へ行くと閻魔大王を筆頭とする審判官により七日目ごとに七回の審判が行われ、四十九日(満中陰)に死者の運命が決まると考えられているためです。この後一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌と年忌法要を執り行い、一般的には三十三回忌まで続けます。
こうした法要の習慣は古くからありますが、インドでは四十九日まで、中国では儒教の先祖崇拝思想と結びつき三回忌までと回数が増え、日本に伝わってから三十三回忌法要まで行われるようになったといわれます。
お 盆
正しくは盂蘭盆会と呼び、1年に一度、この日は死者の霊が家に戻ってくると伝えられ、各家庭では精霊棚を作り、迎え火をたいて先祖の霊をお迎えします。
お釈迦さまの弟子、目連が畜生道におちて逆さまに吊るされているような苦しみ(ウランバナ)を受けている母を救う説話によるもの。あの世に行ってから、この世の業によって苦しんでいる先祖に変わり、生きている者が功徳をして、回向して救ってあげたいという願いが込められた行事でもあるのです。
彼 岸
春分と秋分の日を中日として前後3日ずつを合わせた1週間を彼岸と呼び、法会を行う日本独特の行事です。
彼岸とは極楽浄土という真実の理想の郷(悟りの世界)を意味しており、迷いや苦悩に満ちたこの世の「彼岸」に対して、理想の彼方のところ「岸」をさす言葉です。本来お彼岸は悟りの世界へ向かう仏道精進の行事ですが、時代と共に少しずつ変容し、今日では先祖供養の法要とか、墓参りを意味するようになりました。
精進落し
精進とは本来「俗縁を絶って潔斎し、出家入道したのちは宗教的生活の一途に生きる」ことをいい、魚無視鳥獣を食べない意味へと転化してきました。
家族の死後四十九日間の忌服中は、不浄なものをいっさい避ける習慣から、なま物をとらず、忌明けになったところで精進落しをしていました。最近では葬儀屋告別式の日、火葬場から戻って読経が済んでから、お世話になった人たちに感謝の気持ちを表すため、酒や料理を振舞って精進落しを行っています。
仏 壇
お仏壇は仏様をまつる高い所という意味です。単に先祖をまつるのではなく、その家の守り本尊をお迎えし、家族の心を清らかに養ってく上で欠かせない進行の対象を安置しておくものです。
その原型は法隆寺の玉虫厨子に見られ、平安時代には貴族や豪族の間で個人的寺院である持仏堂が作られ、今日の仏壇の元となりました。室町時代に浄土真宗八世・蓮如聖人が浄土世界の象徴として金仏壇の安置を唱え、仏壇が庶民の間に急速的に普及しました。
位 牌
お位牌は御仏となった先祖や故人の霊のとどまるところ、故人を象徴し朝夕礼拝の対象とする大切な仏具のひとつです。戒名と死亡年月日を表面に書き、裏面に俗名、年齢を小さく書きます。
位牌の起こりは、むかし中国で亡き人の官位や姓名、霊位を記した木牌を粗廟にまつったことに始まります。鎌倉時代に日本に伝わり、塔を形どった位牌が死者の霊魂が寄宿するという仏教思想の影響を受け、仏の姿を現したものにかわってきました。なお葬儀の時に使用した白木位牌は忌明けが済むと寺院に納め、本位牌を仏壇に安置します。
開眼供養
仏壇を新しく購入されてご本尊をお迎えしたり、お位牌を作ったときは、ご僧侶に開眼供養していただきます。
これはご本尊やお位牌が零験ある尊像に生まれ変わることを目的とするものですが、仏壇に対してじゃご本尊を安置する清浄な場所になるようにとの意味合いも含まれています。開眼供養の呼び方は宗派によって異なり、真宗本願寺派では入仏式、大谷派では御移し、他の宗派では仏壇開き、入魂式ともいいます。また仏壇同様にお墓を建立されたときも開眼供養を行います。
お 墓
日本仏教では死後三十三年、五十年経てば成仏して祖霊に戻ると言われ、お墓を設けることはご遺骨を母なる大地に返すこととされています。
独立した墓の場合は表面に仏名を彫り入れますが、一緒にして祭る合祀の墓の場合は「○○家之墓」「○○家先祖代々之墓」、あるいは「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」というように、その家の宗派で用いる名号や題目を彫り入れたりします。
納 骨
火葬が済んだ後、自宅へ持ち帰って祭壇に安置したご遺骨は、あまり長く家に置かないほうが良いといわれ、忌明けまたは一周忌までに納骨するようにします。納骨とは遺骨を納骨堂に納めることをいい、埋葬は墓地に納めることをいいますが、両方あわせて納骨と呼ぶことが多くなってきました。
墓地を入手していない場合や何らかの事情で自宅での安置が長くなるときは、仮納骨といって寺院や霊園等の納骨堂に預かっていただくことができます。
分 骨
ご遺骨を別々に分け、本山やふるさとのお墓へ納めたりすることを分骨といいます。これはお釈迦さまが入滅のおり、荼毘に付された仏舎利が八ヶ所に分骨され、弟子たちの手で厚く供養されたことに由来しています。
分骨は火葬時に分骨用の骨壷に納めておきます。納骨前に分骨することになった場合は、墓地管理者に依頼し、お経をあげていただいたあと分骨用骨壷に分骨し分骨証明書を発行してもらうようにします。
数 珠
 数珠は仏事に欠かすことのできない法具のひとつで、念珠ともいいます。インドのバラモン教で数珠を使用していたのが始まりで、称名や蛇尼唱踊の回数を数えるのに用いられてきました。数珠の数は人間の煩悩と同じ百八個にするのが正式ですが、半分の五十四個にして菩薩の五十四階級、四分の一の二十七個にして二十七人の賢聖人をあらわすこともあります。
数珠をもつときは左の手に持ち、合掌するときは房が真下に下がるように両手の四本の指にかけ親指で軽く押さえるようにします。
現在では仏事全般の謝礼としてお渡しする金品の意味に使われていますが、本来は「施して喜び、施した自分と、施しを受けた人と、施した物と、この三つをともに忘れるのが最上の施しである」の言葉のように、純真な物質的、精神的な恵みを意味しています。
お布施には仏籍にあるものが世の中の人たちに与える精神的な施し<法施>、金銭などの財物を施す<財施>、社会の中で行う新設や愛情などの<無施>の三つがあるといわれています。
卒塔婆供養
故人を供養するために墓に立てる、六尺から八尺の長い板碑で、古代インドの供養塔をあらわす切れ込みを入れています。表に経文や戒名、裏に法要の年月日や施主の名前を書きます。法要中は仏前に、終了後は墓のそばにたてます。最近では、広く年回忌や盂蘭盆会、彼岸会などに供養します。

お葬式情報ネットでは、墓地・墓石の選び方〜僧侶様の手配、お布施のご相談など葬儀後についてトラブルがおきないよう、ご相談に応じたアドバイスをお伝えさせていただきます。お気軽にご相談してください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介