全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。
「葬儀費用はどれくらいですか?」・・・みなさんからの一番多いご質問です。
気をつけてくださいね。後悔しないためにも葬儀費用こそ、注意が必要です。
葬儀の費用は一般的に次の3つに別れます。

葬儀費用
葬儀費用というと、お葬式にかかるすべての費用と解釈してしまっても仕方ありません。しかし、実際に葬儀費用とは、葬儀社に支払う基本葬儀料金のことを指します。葬儀社によってサービス内容が異なるので、葬儀費用も葬儀社によって異なります。葬儀費用(金額)だけに注意するのではなく、サービス内容にあった葬儀費用を提示する葬儀社を選びましょう。
実費費用
実費費用とは、一言で表現すると、葬儀費用に含まれていない費用のことを指します。一般的には、斎場使用料、火葬料、飲食費用、返礼品、霊柩車などに掛かる費用となります。どこまでが葬儀費用に含まれているか、どこから実費費用として補わなくてはいけないのか、しっかり区別して葬儀社とのトラブルを事前に防ぎましょう。
実費費用を葬儀社が立て替えておいて、後日葬儀費用と合わせて精算する仕組みがほとんどです。(喪家が料金を別途支払う場合もございます。)
お布施
お布施とはお寺にお礼をすることです。(キリスト教などの場合は教会へ。神式は神社へ。無宗教の場合は必要ありません。)
お葬式のお布施には、お坊さんにお経を読んでもらうことに対してお包みする場合と、戒名(法名・法号)を授けてもらったことに対してお包みする 場合の2種類があります。金額は、お寺の格式、住職の考え方、宗旨や地域によって様々です。ゆえに、一概にこの金額ですといいきれないのが現状です。しかし、地域ごとにおおよその社会一般的といわれている金額はあるようです。また、お布施のほかにお車代(1日につき1万円位)を用意してください。といわれることもあるようです。

葬儀にかかる総費用は、葬儀の種類や大きさ、祭壇のランク、飲食費用、お布施そして、葬儀社によっても異なるため、だいたいいくら位かかるのか、お伝えすることが非常に困難です。ただ、全国の皆さんがいくら位費やしているのか、日本消費者協会から葬儀費用の統計が出ておりますので、ご参考になさってください。
※日本消費者協会の調査より、全国の葬儀費用の平均。(平成15年9月第7回「葬儀についてのアンケート調査」より) 金額については、会葬者の人数や葬儀形式なども密葬から社葬など混在している為、ご相談者様それぞれが希望される葬儀に対する金額とは異なりますが。あくまで目安としてお考えください。



お葬式情報ネットでは、わかりにくい葬儀費用についてのご説明〜ご相談者それぞれのご希望にあった費用の目安などもお伝えしております。実際にご相談者にかわって葬儀社へ費用の見積り依頼も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介