全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。
戒名について

仏教において戒名とは、戒を受け仏教者になった日本人に生前に与えられます。戒とは梵語でシーラ、悪を拝し善をすすめる掟の意味です。死者に贈られる名前という意味ではなく本来は戒律を守り仏弟子となった証としてつけるものです。

※現代風に言えば、あの世での名前といったところでしょうか。(本来の意味は上記のとおりです。)

戒名の謂れ・・・戒名は戒律を守り仏道修行に入った出家者だけに贈られるものでした。そのため一般の人には厳しすぎて、なかなかいただけるものではなかったようです。しかし、今日では儀式を受けたり、一定の講習に参加した人に授けれるようになっています。なお浄土真宗では戒律がありませんので、戒名といわず法名といいます。


最近の傾向・・・戒名をつけずに俗名でそのままお葬儀に望む方も非常に増えているのも事実です。価値観をきちんと考え認識した上で行動することをお勧めいたします。

宗派によって異なる戒名という呼び名

(ア) 戒名・・・天台宗(梵字を入れます)・真言宗(梵字を入れます)・浄土宗(「誉」の字を入れます)
・禅宗など
(イ) 法名・・・浄土真宗(男性に「釈」女性に「釈尼」の字をいれます)
(ウ) 法号・・・日蓮宗(「日」や「妙」の字をいれます)

※ いずれにしても戒名・法名・法号とその名称は違っても、格別に格差があるわけではないようですので、名称にこだわることはないでしょう。
天台宗 真言宗

浄土宗 浄土真宗

臨済宗・曹洞宗 日蓮宗

戒名に上下の差は無

戒名には上下や優劣があるかのように思われがちですが、それは大変な誤解です。正式な戒名は生前の俗名や経典にちなんで二文字で表されます。これはどのような身分の人でも、仏の世界は平等であることを表しています。院号や位号は仏の尊称であり、生前に寺院や社会に対する貢献度によって区別されます。

戒名の中で使われている文字が意味するもの

院号・院伝号とは

生前に一寺を建立するほど寺院に尽くした人か、それに値するほど社会に貢献した人につけられます。決してお布施を多く納めたからといってつけられるものではありません。

道号とは

戒名の上につけられるもう一種類の名。人柄や趣味などにちなんで付けられます。

位号とは

戒名の下につけられ、男女、老若によって異なります。

男  性女  性
成  人大居士・居士・大禅門・清信士(善士)・信士(清浄土)など清大姉・大姉・大禅定尼・禅定尼・清信女(善女)・信女(清浄女)など
子供
(15歳くらいまで)
童子・大童子・禅童子など童女・大童如・禅童女など
子供
(4,5歳以下)
幼児・嬰児・孩児など幼女・嬰女・孩女など
トラブルに巻き込まれないために

● 戒名と納骨先・・・葬儀の際、菩提寺の都合が悪くてお越しいただけなかったとしても、戒名をつける場合は、必ず菩提寺でもらうようにしましょう。他でいただいてしまうと、再度、お布施を納めて戒名をつけ直さないといけない場合や、お墓に納骨させてもらえないというトラブルの原因になりかねません。菩提寺があるにも関わらず、葬儀社が無理やり、戒名をつけてくれる僧侶を紹介します!といった場合、葬儀社とその僧侶との間の金銭的な都合に振り回されている危険性があります。もし、菩提寺の都合が悪くお越しいただけない場合は、葬儀は俗名で済ませ、後日、菩提寺から戒名を授けていただきましょう。(菩提寺に連絡して都合を尋ねる時に、戒名の件も確認することをお勧めします。)

● 俗名(ぞくみょう=現在の名前)でも、葬儀はできるのです。仏教的思想からいうと、戒名がないとあの世へ旅立てないという発想がありますが、物理的には、絶対必要ということではありません。みなさんの価値観によるものなので、よくよく考えてから依頼すると良いでしょう。また、葬儀が終った後からでも、戒名はつけることはできますので、安心してください。


お布施について
ご相談者からの問合せの多くに、お布施の金額は、「いったい、いくらなんですか?」という質問があります。
お布施とは、我々一般人にとっては、本当になんとも分りづらく、ベールに包まれた感じがするものです。
僧侶にお布施は「いくらなんですか?」という質問をぶつけると、「お気持ちで結構です」という返答がよく、もどってきます。
お寺とのご縁が薄いご相談者から、お布施とは、なんとなく、「僧侶が読経したという労働に対するマージン」のような気がするし、戒名も「名をつけてもらうための代金」のような気がすると、よくお話を伺います。現在では、仏事全般の謝礼としてお渡しする金品の意味に使われているが、お布施とは本来「施して喜び、施した自分と、施しを受けた人と、施した物と、この三つをともに忘れるのが最上の施しである」の言葉のように、純真な物質的、精神的な恵みを意味しているのだそうです。

そして、一番間違えてはいけないのは、お布施は僧侶に奉げるのではなく、ご本尊様へご奉納なさるのだそうです。

とはいえ、非常に難しい感じがしますね。

みなさんが一番お知りになりたいお布施の金額には、決まりはないとはいうものの、実際のところ、ある程度、相場というものは存在しているのが現状です。

そして、関東首都圏だけの例をあげると(地方によって全く異なる)、ひとつの場面の読経をしてもらうのに、だいたい5〜7万円が平均のようです。ただし、お寺の格式や住職の考え方によって、かなり異なるので、菩提寺がある場合には、この相場は当てはまらないので、注意が必要です。

たとえば、ごく一般的な通夜・告別式・告別式中の初七日・火葬場の釜前での読経の4場面で合計20〜28万円。 これに、戒名をつけてもらうようであれば、もちろんお金はプラスされます。 一般的な信士・信女クラスであればプラス10万〜20万、居士・大姉クラスでプラス40万〜60万、院号ともなるとプラス100万〜限りなしというような感じです。※あくまでも、お布施の金額はこの限りではありませんのでご注意ください。

ちなみに、この「〜」というのは、お布施を包む側(喪主)の気持ちの問題と、葬儀を受ける寺院の考え方によって異なります。故人に対して、どれだけのことをしていただいたのか、あるいはしてさしあげたいのか、そういった心の部分を表現した金額が、お布施として包まれる額になるようです。

お寺とのご縁がないご相談者の方は、お葬式情報ネットの相談員が、ご相談者の宗派やお布施に希望を伺って、その内容をご理解いただける寺院をお探し致しますので、安心してお問合せください。

お葬式情報ネットでは、わかりにくい葬儀費用についてのご説明〜ご相談者それぞれのご希望にあった費用の目安などもお伝えしております。実際にご相談者にかわって葬儀社へ費用の見積り依頼も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介

copyright © お葬式情報ネット All Rights Reserved.