全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。
仏式の葬儀について
私たちの住んでいる日本国は8割が仏教徒と言われています。
葬儀に参列した時、記憶にあるのはお坊さんがお経を読んでいた姿ではなかったでしょうか?わが国において8割の人が仏教徒なのでお葬式も仏式の形を取る方が大変多くいらっしゃいます。では、自分の自宅が仏教徒ということは分かっていても、

そんな質問を投げかけられたらいかがでしょうか?
戸惑う方は多いのではないでしょうか。

また、菩提寺があるかないかということも大きな問題になってきます。納骨する場所が、寺院の墓地であれば、その寺院の檀家ということです。菩提寺がある方は、お葬式のときには必ず菩提寺にまず連絡を入れます。そして葬儀の日程を決めて、お寺様にお越しいただきます。

仏式という葬儀の形式は、各宗派によってそれぞれまったく異なり、お越しいただけるお寺様によってもずいぶんと葬儀の印象が代わります。 自分が何宗派なのか?菩提寺はどこなのか?そういった基本的なことを知った上で、葬儀社との打ち合わせに望まれると、より具体的なお打ち合わせが出来るのではないかと思います。


神式の葬儀について
神道ではお葬式のことを「神葬祭」といいます。
仏式での「通夜」にあたるのが、「通夜祭」と「遷霊祭」で、「告別式」 にあたるのが「葬場祭」といいます。「通夜祭」は故人に対して生きているときと同じように礼を尽くし、奉仕する儀式を執り行います。「遷霊祭」 は故人の御霊を遺体から依り代である「霊璽」(レイジ)に移す儀式になります。霊璽は仏式の位牌にあたるものです。
仏式の場合には、寺院での通夜・告別式をすることが出来ますが、神式では「死は忌み嫌うもの」として神社でのお式をすることが出来ません。また、仏式とは違い戒名もありません。

日本国では仏教に続き多い宗派になります。しかしながら、葬儀社も仏教式には慣れていても、神式の葬儀には慣れていない葬儀社も存在します。
葬儀社が神式の葬儀の経験が不十分な場合は、ミスをするリスクも多いということです。 神式葬儀をあげる場合、葬儀社が神式葬儀の経験がどのくらいあり仏式と同じく慣れている葬儀社がいいといえるでしょう。


キリスト教葬儀について
キリスト教は故人の供養ということではなく、死に対する考え方はとして死者を神に委ねるためのもので、故人が神の傍に召されるように皆が祈ることが中心です。
祈りは、全て神に捧げられます。
一般的に葬儀は教会で行われます。あくまで中心は教会ですのでその指示にしたがいます。教会によっても行われ方がさまざまなので牧師・神父との綿密な打ち合わせが必要になってきます。献花においては、焼香や玉串奉奠にあたりますが、プロテスタントではしない場合もあり、カトリックでは焼香の場合もあります。


ここで流れをあげたのは一例ですが、教会や牧師・神父によっても、さまざまな流れがあります。大切なのは、遺族と牧師・神父との打ち合わせになってきます。
何か分からないことや疑問なことがあれば、牧師(神父)に伺い支持を仰ぐのが一番いいと思います。また、葬儀社に関しては一般的に教会専属の葬儀社があります。
教会専属の葬儀社であれば、キリスト教のお式を慣れていますし教会の考え方や流れも理解していますので安心かと思います。
ただ、まれに教会でもお付き合いのある葬儀社がないところもあります。そういった場合にはお葬式情報ネットまでお問い合わせをされて下さい。キリスト教の経験豊富な良心的な葬儀社のご案内をいたします。


無宗教葬について
無宗教葬とは宗教色を出さずに、お式をすることを言います。
宗教の否定ということではなく特定の宗派の方式によらない自由な葬儀のことを言います。近年では、宗教色を出さずに無宗教葬儀をされる方が増えつつあることと思います。

無宗教葬のメリット無宗教葬のデメリット
  • 伝統・慣習に縛られず自由な方法で見送ることが出来る
  • 宗教者を呼ばない分、費用がかからない
  • 故人らしさを存分に出すことが出来る
  • 親戚などの理解を得られにくい面がある
  • 葬儀社の無宗教に対する提案力が低いと味気ないものになる
  • 葬儀の当日、親族、弔問客も途惑う場合がある
また、無宗教葬とは宗教者を呼ばずに行う葬儀なので、遺族と葬儀社の綿密な打ち合わせが必要となってきます。と同時に葬儀社の無宗教葬にたいする提案力も、必要不可欠です。
無宗教葬は、故人の人柄を中心においてその人らしい葬儀が存分に表現できる形ですが、提案力不足の葬儀社へお任せしたばかりに味気ないものになってしまったというお声も伺っています。そんなことにならないように、無宗教葬を多く手がけている葬儀社へお願いすることをお勧めしています。

注意)
寺院(菩提寺)の墓地へ納骨される場合で、無宗教葬を希望されている場合には、まず、寺院(菩提寺)へ確認を取りましょう。 場合によっては、無宗教ということでお式をされた場合には納骨をお断りする寺院もあります。そうなる前に事前に確認を取っておかれることを強くお勧めいたします。納骨先が、公営墓地や民営墓地の方は無宗教葬は自由に行うことが出来ます。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介