全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。
お葬式に参列をした経験があっても、ご自分で出す側という経験を持っていらっしゃる方はとても少ないと思います。 万が一を迎えた時〜お葬式が終わるまでの基本的な葬儀の順序と相談員からのアドバイスを掲載しましたので、ご参考にしてください。
  • 電話などによって家族や親族、故人の知人などへ連絡する
  • 葬儀社を決め、安置先を決めましょう
主治医から危篤の告知がありましたら、家族や故人が会いたがっていた人、合わせたい人などに連絡をとりましょう。深夜でも「深夜に申し訳ございません」と一言添えて連絡を取りましょう。病院名・住所・電話番号を間違えないように相手に伝えましょう。電話がつながらないときは、電報(115番)かFAX若しくはメールという方法もあります。
この時点で依頼する葬儀社と安置先を決めて、お話をなさっておかれると万が一の時、すぐにその葬儀社が病院までお迎えにきてくれますので安心です。
 □ 家族への連絡 □ 親族への連絡 □ 知人への連絡 □ 葬儀社の決定
 □ 安置先の決定

  • 医師から死亡診断書を受け取る(火葬をする際に必要です。)
  • 葬儀社へ連絡(安置先まで運んでいただく)
看護士が故人様の処置をしてくれます。その間に、家族や葬儀社へ連絡を入れるようにしましょう。 医師に死亡診断書を書いていただき、受け取ってください。この死亡診断書は火葬に必要な書類になってきますので大切に保管してください。 また、コピーを何部か取っておくと後で必要になった場合にも安心です。
 □ 家族への連絡 □ 葬儀社への連絡
 □ 医師からの死亡診断書(火葬に必要) □ 死亡診断書のコピー

  • 安置場所に着いたら、ドライアイス処置をする
  • 死亡届を役所へ提出し、火葬許可書を受け取る(葬儀社が代行)
  • 枕経をあげていただく(必要な場合)
自宅(若しくは斎場)に安置をしますと、故人様にドライアイスを当てます。 それから、葬儀社との打合せになります。(深夜の場合には次の日に打合せになります)

  • ご家族と葬儀社とで、葬儀の場所・規模・形式・日程などを打合せ
    (どのような葬儀にしたいのかをしっかりと葬儀社へ伝えましょう)
  • 見積りを受け取る
  • 喪主を決める
  • 親族の人数の確認
  • 菩提寺がある場合は連絡を入れて都合を確認し、読経の依頼をする
心身ともにお疲れの時だとは思いますが、ご家族、葬儀社との打合せが肝心です。 自分たちの要望・希望をしっかりと伝えます。葬儀の場所・規模・形式・日程を決めて、見積もりも併せてとってもらうようにしましょう。 動揺もしているときです。一人や二人、冷静な方を打合せの場に立ち会って頂くと良いでしょう。
葬儀について: □場所 □ 規模 □ 形式 □ 日程 □ 人数
その他:□ 見積り □ 喪主 □ 読経依頼(菩提寺がある場合)

  • お身内の手で納棺をする
ご遺体の状態にもよりますが、一般的に通夜の前日・若しくは通夜当日に納棺を致します。故人様が最後に眠るお布団になりますので、家族皆さんで納棺をなさることをお勧めします。このときに、副葬品をお入れします。
 □ 副葬品

  • 葬儀の流れを把握しておく(葬儀社が説明)
  • 通夜・告別式の日程を関係者へ連絡(電話・FAX等)
  • 必要があれば新聞広告を葬祭業者に依頼
    (新聞は依頼しない限り掲載することはありません)
葬儀社から開式前に葬儀の流れの説明があります。不明な点は開式前に葬儀社の担当者に伺うといいでしょう。
 □ 通夜・告別式の日程を連絡 □ 新聞広告(必要な場合)

  • 葬儀社が式場での装飾(祭壇等)をする
  • 通夜が終わると葬儀社と告別式の打ち合わせをする
  • お寺様を呼ばれた場合はお布施を通夜にお渡しする
    (必ずしも決まっていることではありません)
現在では一般的に通夜に弔問客が来るのがほとんどです。弔問客には出来るだけ焼香が終わりましたら通夜振舞いをしていただきましょう。 弔問客全員焼香が済み、僧侶が祭壇前から退席をしたら、遺族も通夜振舞いの席へ移動し、感謝の意を述べます。 通常1時間くらいです。

  • 最後のお別れをする
  • 喪主の挨拶
  • 棺を霊柩車へ移し、親族はマイクロバスにて火葬場へ移動
告別式は、故人の遺族・友人・知人が最後のお別れをする時間です。 心ゆくまでお別れをなさってください。 出棺前に喪主が挨拶を行い、その後喪主や遺族の中で血縁の濃い人が位牌・遺影をもちます。また、収骨の祭に必要な骨壷と桐箱・覆いを忘れないように持っていきます。
 □ 骨壷 □ 桐箱 □ 覆い

  • 火葬許可書を提出して荼毘にふす(葬儀社に代行していただけます)
  • 棺を火葬炉に運び、焼香・合掌
  • お骨拾い
  • 埋葬許可証を火葬場から発行してもらう(大切に保管をされてください)
火葬場に到着をしたら、まず火葬許可書を提出します。(一般的には葬儀社が代行していただけます)霊柩車から棺を出して火葬炉に運びます。喪主以下全員で焼香・合掌をいたします。このときに僧侶に経を上げていただくことも出来ます。火葬をしている間は休憩室で待機します。 お骨上げになりますと、案内が入りますので、お骨を上げるときは足元から二人一組で骨壷に入れましょう(一般的な例)。終わりましたら、火葬場から埋葬許可書を頂いて帰ります。(基本的に骨壷の中へ埋葬許可書を入れてくれます) ※埋葬許可書は納骨のときに必要な書類です。大切に保管をしておかれてください。
 □ 埋葬許可書(納骨の際に必要)

基本的な葬儀の流れは以上のようになっておりますが、葬儀当日につきましては、仏教、キリスト教などの宗教によって異なります。 各宗教の葬儀の流れを「葬儀の形式」のページでご説明してありますので、ご参考ください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介