全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

突然、訃報を聞いたら・・・ 不幸を聞いて、取り急ぎ仮通夜(亡くなった直後に行われる儀式)に駆けつける時、服装は平服のままで構いません。人それぞれ駆けつける時の状況が異なり、喪服を着ていくことが、物理的に難しい場合が多いのが現状です。服装を気にして、弔問しないというより、平服で駆けつけ、先方へお悔やみを申し上げる方が、とても大切です。その際、女性は、派手な装飾品は外すことをお勧めします。そして、一言ご遺族へ、どうしてもその晩すぐにでも顔を出したかった旨を説明しておくと良いでしょう。


通夜の服装(会葬者)
通夜は、「取り急ぎ駆けつける」という意味が強く残っているので、平服のままでも失礼にあたりません。とはいえ、グレーや紺のスーツなど、できるだけ地味な服装が望ましく、男性の場合はネクタイと靴下を黒に換えてもよいでしょう。
最近では、お仕事の都合などから日中に行われる葬儀・告別式よりも夜間に行われる通夜に参列するのが主流となっています。そのため、喪服を着用する方も多くみられるので、用意が可能であれば、喪服を着用することをお勧めいたします。

葬儀・告別式の服装
遺族や近親者、世話役代表(葬儀委員長)は、正式の喪服を着用しますが、その他の一般の会葬者の服装は、通常礼服です。しかし、親しい間柄でない場合には、黒目の平服でもかまいません。男性は、ダークスーツと黒のネクタイ、黒の靴、黒の靴下で良いでしょう。 女性は黒のワンピースかツーピース、それに黒の靴が望ましいでしょう。和装なら黒の一つ紋の着物、帯やハンドバックなども黒の物を用います。アクセサリーはつけませんが、真珠ならかまいません。

☆ これだけは、避けたい服装のポイント ☆

男 性
シャツ・・・柄や模様は×
靴・・・・・茶系やスエードは×目立つ金具がついている靴も避けたほうが無難
その他・・・革や毛皮のコートは「殺生」をイメージさせることから避けたほうが無難。派手な時計やカフスボタンなどにも注意。和洋装を問わず、黒であっても光沢のあるものは避けます。

女 性
洋服・・・・・・・夏場でも袖のないものは避けて肌の露出を控え、シンプルなデザインのものが○。ブラウスやストッキングも黒以外は×。
バック・・・・・・光沢のないシンプルなものを。光沢のあるものや派手な金具が目立つものは×。
靴・・・・・・・・エナメルやサンダル、ミュールタイプは×
アクセサリー・・・結婚指輪以外は外します。パールのネックレスでも2重のものは×(悲しみが繰り返すという意味から)
その他・・・・・・革や毛皮のコートは「殺生」をイメージさせることから避けたほうが無難。派手な時計やカフスボタンなどにも注意。和洋装を問わず、黒であっても光沢のあるものは避けます。

学生、子供の服装
学生は、男女ともに制服が喪服となります。なければ、黒またはグレーや紺など地味なものを着用します。靴は黒、靴下も黒か白いものを使用します。また真夏には、男子なら白のシャツに黒ズボンと黒靴、女子なら白のブラウスに黒のスカート、黒靴がよいでしょう。


<<喪服のいわれ>>
喪服は凶服ともいわれ、父母・妻子、親戚等の「忌服」の間は、喪服を着ることが定められていました。「忌服令」にある「服」とは喪服を着るべき期間のことで、服者は神事に携わることは禁じられ、また公事にも参加できませんでした。服喪期間がすぎて、これを脱ぐことを除服といい、河原や門前で行ないました。このように、もともと遺族のみが喪服を着ることが義務づけられており、一般会葬者は喪服を着る定めはなかったのですが、大正後期から、一般会葬者も喪服を着用するようになってきました。また遺族も喪の期間を通して着服することはせず、葬儀の時にのみ喪服を着るように変わってきました。正式(モーニング・和装など)と略式(ブラックスーツ・ブラックフォーマルと呼ばれるもの)があり、親族3親等までは正式のものを着用します。


参列時のマナー〜その1〜  服装について
参列時のマナー〜その2〜  香典について
参列時のマナー〜その3〜  受付の方法
参列時のマナー〜その4〜  あいさつについて
参列時のマナー〜その5〜  お通夜のマナー
参列時のマナー〜その6〜  仏式について
参列時のマナー〜その7〜  神式について
参列時のマナー〜その8〜  キリスト式について
参列時のマナー〜その9〜  お葬式・葬儀に参列できない場合の対処

お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介

copyright © お葬式情報ネット All Rights Reserved.