全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。




金額の目安を知る
香典は香を供えるという意味からきており、香を買う費用といった意味で、香典といいます。以前は、葬儀費用に対する相互扶助として位置、品物をおくった時代もありましたが、現在は金銭をおくるのが一般的となっております。
香典は、出す人の気持ちですから、あまり金額にこだわる必要はないという意見もあります。しかし、喪主に失礼にならないよう注意が必要です。さて、喪主に失礼にならない金額は、いったいどのくらいなのでしょうか?
香典(金額)についてのアンケート・データを参考にしてください。

贈り先平 均30歳代40歳代50歳代関 東関 西
全体5,0005,0005,000
10,000
10,0005,0005,000
勤務先の上司5,0005,00010,00010,00010,0005,000
勤務先の同僚5,0005,0005,0005,0005,0003,000
5,000
勤務先の部下5,000-5,00010,0005,0005,000
勤務先社員の家族5,0005,0005,0005,0005,0003,000
取引先関係10,0005,00010,00010,00010,00010,000
祖父母10,00010,000--20,00010,000
両親100,000100,000100,000100,000100,000100,000
兄弟姉妹30,00050,000-30,00050,00030,000
おじ・おば10,00010,00010,00010,00010,00010,000
その他の親類10,00010,00010,00010,00010,00010,000
友人・知人5,0005,0005,000
10,000
5,00010,0005,000
隣・近所5,0003,0005,0005,0005,0005,000
友人・知人の家族5,0005,00010,0005,0005,0005,000
三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)が98年に調査に基づく。
「−」は、該当するサンプルが無いか、データ数少ないもの

不祝儀袋を購入するにあたって
香典や布施の表書きは、儀式を行う宗教、葬儀、法要によって異なりますので注意が必要です。間違えると失礼にあたりますので、できるだけ宗派を確認しておくことをお勧めします。
現在市販されている不祝儀袋には、あらかじめ用途別に表書きが印刷されているものもありますので、これらを利用すると便利かもしれません。
また、香典袋は、水引が印刷されたものから豪華な水引がついているもがありますが、包む金額によって香典袋を選択するのがよいでしょう。香典金額が5000円くらいでしたら、水引が印刷されているものを用意し、1万円以上の場合は、実物の水引があるものをおすすめします。

表書きの種類
宗教や儀式の内容によって、表書きは異なります。次の表から用途にあったものを確認しておくと良いでしょう。
形式名葬儀

御霊前
(ごれいぜん)
●霊前に金品を供えるとき
御香典
御香奠
(おこうでん)
●死者の霊前に香のかわりに供える金包み
御香料
(ごこうりょう)
●御香典と同様
御弔料
(おとむらいりょう)
●会社(団体)関係の葬儀に会社(団体)名で弔慰金として社員へ包むとき
御悔
(おくやみ)
●死者を弔う意で、通夜のときに友人・知人がお金を包むときに
御供
(おそなえ)
●葬儀の霊前に花や果物などを供えるとき。一般法要でも利用

御霊前
(ごれいぜん)
●霊前に金品を供えるとき
御神前
(ごしんぜん)
●弔事の他、神の霊に供える意味で、一般神事にも用いる
御玉串料
(おんたまぐしりょう)
供神前
(くしんぜん)●弔事の他、神の霊に供える意味で、一般神事にも用いる
幣料
(へいりょう)
●弔事の他、神の霊にお供えするとき。一般神事にも用いる
 




御霊前
(ごれいぜん)
●霊前に金品を供えるとき
御花料
(おはなりょう)
●弔事の金包みで、カトリック、プロテスタントとも一般的に使う
御花輪(環)料
(おはなわりょう)
●弔事の金包みで、カトリック、プロテスタントとも一般的に使う
弔慰料
(ちょういりょう)
●弔事の金包みで、プロテスタントのときに
御偲料
(おんしのびりょう)
●死者の霊をしのぶ意味を込めて品物を供えるとき
御ミサ料
(おみさりょう)
●カトリックの弔事で、お金を供えるときに用いる


御霊前
(ごれいぜん)
●霊前に金品を供えるとき
   
※浄土真宗では「御霊前」は相応しくないという考え方もあり、葬儀でも「御仏前」を使います。
※仏式の法要には「御仏前」(四十九日以降の利用)を利用します。
※蓮の花が印刷された香典袋も多く見かけますが、これは神式やキリスト式のお葬式では使いません。仏式のときだけ使用するようにしましょう。
葬儀以外、その他の用途別表書きはこちら

表書きの書く位置
表書きの書き方 中袋の書き方
表面の水引ラインから上の部分に薄墨で用途を書き、わずかに下がった中央に氏名を書き、裏面の左端に金額と氏名・住所を書きます。 中袋に書くときは、表中央に金額、裏面左端に住所・氏名を書きます。住所は、受け取られた方が記録をつけますので、必ず記します。また郵便番号も書かれた方が相手にとって親切と言えるでしょう。
※仏式の法要には「御仏前」(四十九日以降の利用)を利用します。
※蓮の花が印刷された香典袋も多く見かけますが、これは神式やキリスト式のお葬式では使いません。仏式のときだけ使用するようにしましょう。
葬儀以外、その他の用途別表書きはこちら

●連名の場合
連名として、表に氏名を書くのは3名までです。目上の人から順番に右側から名前を書きましょう。中袋には全員の住所・氏名を書きます。
4名以上の場合は、連名にせず、グループの場合(下記)を参考にして下さい。
ご夫婦の場合は、それぞれのお付き合いによってですが、連名にするか、世帯主名にするかのどちらかを選択するのが一般的です。夫婦ともに交流があった場合は連名にしましょう。
お包みする金額は、お一人ずつ、お付き合いの程度によって用意しましょう。連名だからといって、合計で一人分ということではありませんので注意が必要です。

●グループの場合

表書きには「株式会社○○一同」や「○○会一同」のように、名称だけを書き、全員の住所、氏名は、別紙に書いて、中袋に入れます。個別の金額を書いてもいいでしょう。
中袋には、代表者の住所を記入しましょう。喪家がお香典返しで困らないよう、「香典のお返し等はご無用に願います」と書き添えておくのも親切ですね。
4名以上で、グループ名などがない場合は、代表者名を中央に書き、左に小さめに「外一同」と書きます。中袋もしくは別紙に全員の名前を書きます。

●名刺を使用する場合
故人と仕事関係などで遺族には面識のない場合に、名刺を不祝儀袋の表面(水引より下部)に張ることがあります。

●会社名を入れる場合
故人とは仕事関係のお付き合いだったときなど、ご遺族と面識がない場合もあります。そんなときには、ご遺族に「どんな関係だったか」が分かりやすいように、名前の右側に会社名を入れましょう。水引より下部に名刺を貼ることもあります。

中袋のお金の入れ方
お金はお札を用意します。中袋へお札を入れる時は、お札の表面(顔が有る)が中袋の裏側になるように入れます。仏事では新札は避け、もし、新札しか用意できない場合は、お札の片隅に折り目を付けてから包みます。

表袋の裏側の折
1. 先に下側を折る
2. 次に上の折りを重ねます。

ふくさの包み方


最近では、香典袋をはさむ形の簡単なふくさも出てきていますので、そちらを使っても良いでしょう。

御香典の供えかた
ご霊前に供える場合 受付で渡す場合
御香典をご霊前に供える時は、表書きが自分から読める方向にして供えます。 受付で係りの人に渡す場合には逆に、係りの人が読める方向にして渡します。

御香典を郵送する場合
通夜・告別式ともに出席できない場合は、現金書留で御香典を郵送しましょう。現金書留で送る場合、現金を御香典袋に入れてから、現金書留の封筒に入れます。その際に、出席できない理由や、故人を偲ぶ手紙を添えたほうがよいでしょう。

代理人へ弔問を依頼する
死亡の連絡を受けた本人が不都合な場合は、家族が「代理人」として弔問に行くこともできます。 通常、代理人は配偶者ですが、成人に達していれば息子や娘でも構いません。また、代理人は故人や遺族と面識がなくても構いません。
もし、本人も代理人も弔問に行くことができない場合には、電話でお悔やみを・・・、と考えがちですが、必ず弔電を打つようにしましょう。喪家は取り込み中ですから、電話口に呼び出すことは配慮に欠けます。電話は避け、お悔やみの手紙を、弔問にいけなかった事情を含めて書くようにしましょう。
そして本人は、後日あらためて弔問するようにしましょう。

代理人として弔問する人は、喪家に行ったら、代理で来た事情を伝えて、お悔やみを述べましょう。
参考例)「主人が九州に出張しておりますので、本日は私が代理で参りました。この度は誠にご愁傷様です。お悔やみ申し上げます。主人も大事のときに申し訳ないと申しておりました。」

自分には面識がなく、代理人となった場合には、受付で香典を渡した後に、来られなかった方の名前を記帳します。また、代理で持参したことを示すために、来られなかった人の名前の下に「代理」(妻の場合は「内」)と書き、その下に自分の名前を小さく記しておきましょう。

他の人の香典を預かっている場合は、受付で香典を渡した後、自分の名前の他に、預かってきた人の名前も別欄に記しておきましょう。

不幸を後から知った時のお悔やみ
訃報を遅れて受取った場合や、人から間接的に知った場合などでも、今初めて知ったことを正直に伝えるため、すぐにお悔やみの手紙を出しましょう。
近日中に弔問できない場合には、香料も添えて送くるのもよいでしょう。

書き一覧(用途別)

進物表書き
表書き目的・備考
御礼、志お世話になった病院関係者へのお礼として。

香典・供物
表書き目的・備考
御供料御供えのお金に。
御線香料、御蝋燭代線香やろうそく代として。
御香線香の表書きとして。
御玉串料、御榊料、御神前、御神饌料神式の葬儀にお金を包むとき。
幣料神式で神に御供えする金包みに
御花料、御ミサ料、御花環料、御白花料キリスト教式の葬儀の際に。(「御ミサ料」は、主にカトリックで)
忌慰料プロテスタントの葬儀のときに。
御香典、御香料、御香華料仏式の葬儀に際してお金を包むときに。
御悔通夜のときに、友人・知人がお金を包むときに。
御霊前仏式・神式・キリスト教式のいずれにも。
御弔典、御弔料会社や団体から社員への香典として。
御供御供えの品物に。

法要・法事
表書き目的・備考
御供物、御供御供えの品に
御仏前四十九日以降の御供えの品に。
御神前、御玉串料神式の霊祭に招かれたときに包むお金として。
奉献、御供神式の霊祭に招かれたとき、お供え物に。
御花料プロテスタントの記念会に招かれたときに包むお金に。
御ミサ料カトリックのミサに招かれたときに包むお金に。
召天記念プロテスタントの召天記念の式に招かれた際に包むお金に。
粗供養引き出物の表書き。
供養志浄土真宗以外の引き出物に。
卒塔婆料百箇日法要で卒塔婆供養をしてもらったときに。
施餓鬼料百箇日法要で、無縁仏を供養する際に。
建立記念墓石建立の記念としての引き出物に。
御盛物法要のお供え物に。
御香、御香資、御供物料法要に招かれた際に包むお金に。

初盆
表書き目的・備考
御供初盆を迎えた仏に贈る御供えの品に。
御仏前初盆を迎えた仏に贈る御供えのお金や品に。
御ちょうちん代初盆の際にちょうちん代としてお金を包むときに。
志、初盆供養、初盆会初盆供養して頂いた人へのお返しとして。
御布施読経して頂いた僧侶へのお礼として。
御車代、御足衣料初盆の法要の際に僧侶に渡す交通費。

弔辞
表書き目的・備考
弔辞弔辞の表書き。
追悼の辞弔辞の表書き。

香典返し
表書き目的・備考
偲び草神式の五十日祭の後のお返しに。
香典返しに。どの宗教でも。
忌明志、満中陰四十九日が明けた際のお返しに。
茶の子神式のお返しに。主に関西。
御挨拶弔電、花輪、香典を頂いた方へのお返しに。

会葬礼状
表書き目的・備考
御会葬御礼、一礼葬儀や告別式の参列者へのお礼に。
御挨拶香典や弔辞を頂いた人のお礼に。

僧侶・神官・牧師・神父へのお礼
表書き目的・備考
献金キリスト教式で、お花代の一部や献金をするときに。
御ミサ料主にカトリックの葬儀で神父に差し上げるお礼。
記念献金プロテスタントの葬儀で牧師に差し上げるお礼として。
御禮キリスト教式の葬儀で神父・牧師にお礼をおするときに。
御布施、御経料仏式葬儀で僧侶へのお礼に。
御回向料、読経御礼仏式で、経読をお願いしたお礼に。
御戒名料仏式で戒名を頂いた際に。
御礼神式の葬儀・供養の際に神官に差し上げるお金の表書き。
御祈祷料神式の葬儀・供養の際に祈祷をしてもらった場合のお礼の表書き。
御祭祀料神式の葬儀・供養の際に祭祀をしてもらった時のお礼として。
御法名料浄土真宗で法名を付けて頂いた祭に。
御法号料日蓮宗で法号を付けて頂いた祭に。
御席料葬儀や法事の際に会場としてお寺や教会をお借りした場合に。
御車代、御足衣料僧侶への交通費として。
御膳料通夜ぶるまいのときに僧侶の都合でもてなすことができなかった場合に。

お手伝いの人や関係者へのお礼
表書き目的・備考
寸志、志葬儀の世話役や会場関係者へのお礼に。


参列時のマナー〜その1〜  服装について
参列時のマナー〜その2〜  香典について
参列時のマナー〜その3〜  受付の方法
参列時のマナー〜その4〜  あいさつについて
参列時のマナー〜その5〜  お通夜のマナー
参列時のマナー〜その6〜  仏式について
参列時のマナー〜その7〜  神式について
参列時のマナー〜その8〜  キリスト式について
参列時のマナー〜その9〜  お葬式・葬儀に参列できない場合の対処

お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介