全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

通夜や葬儀に参列するとき、「受付をどのように済ませたらいいのだろう。」と悩んだ事は、ありませんか?香典を渡す時、「何か言わなくてはいけないのでは?」とか、あるいは「通夜も葬儀も参列するのだけど、香典や芳名帳への記帳はどうしたらよいのだろうか?」などのご質問がお葬式情報ネットにもよく寄せられてきます。
そこで、受付の流れを追いながら、場面ごとの豆知識をお伝え致します。


  1. 受付の場所へ行く
    余程の密葬での葬儀で無い限り、実際に葬儀が行われる現地へ行くと、香典をお渡ししたり、名前を記帳する場所として、「受付」という案内が大抵でています。大規模な葬儀の場合、関係者別(例えば、会社関係、友人・知人関係、親族関係など)に、受付の列が別れているため、ご自分の関係の列を確認してから並びます。

  2. あいさつ
    自分の順番がきたら、受付の方へ香典をお渡しする前に一言あいさつを添えます。
    「このたびはご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。」
    「このたびは突然のことで、お悔やみ申し上げます」
    「お参りさせていただきます」
    余分なことは告げずに、ここでは簡潔にすませます。

  3. 香典を供える
    ふくさから、香典袋を取り出して、お供えします。

御香典の供えかた
ご霊前に供える場合 受付で渡す場合
御香典をご霊前に供える時は、表書きが自分から読める方向にして供えます。 受付で係りの人に渡す場合には逆に、係りの人が読める方向にして渡します。

芳名帳へ記帳する
芳名帳へは、名前だけを記帳する場合と、住所も併せて記帳する場合があります。(参列者が多いと長蛇の列になってしまうので住所を省略するケースがあります)受付の方が案内をしてくれますので、案内に添って記帳します。

通夜・告別式の両日参列する場合
通夜で香典をお渡しして記帳も済ませている場合は、告別式では、特に何かする必要はありませんが、何も言わずに受付を通り過ぎるよりも、「昨夜も参りましたので」一言そえてから参列したいものです。告別式でも記帳を勧められたら、記帳だけを行って式へ参列をします。


参列時のマナー〜その1〜  服装について
参列時のマナー〜その2〜  香典について
参列時のマナー〜その3〜  受付の方法
参列時のマナー〜その4〜  あいさつについて
参列時のマナー〜その5〜  お通夜のマナー
参列時のマナー〜その6〜  仏式について
参列時のマナー〜その7〜  神式について
参列時のマナー〜その8〜  キリスト式について
参列時のマナー〜その9〜  お葬式・葬儀に参列できない場合の対処

お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介

copyright © お葬式情報ネット All Rights Reserved.