全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

お悔やみの挨拶は、型にこだわることなく、心から哀悼をこめた自分の言葉で述べると良いでしょう。ただし、余計なことを言うと、かえって差し障りができてしまうことも考えられるので、短くすませたいものです。病状や事故の状況など、お亡くなりになった時の状況をくどくど聞くのは、失礼にあたります。また、宗教の違いによる言葉の使い方や「なお・また・再び」のような忌み言葉と、「度々・重ね重ね」のような重ね言葉も避けるように気を配りましょう。


忌み言葉(禁句)
葬儀の挨拶や弔辞には、ふさわしくないとされている言葉があります。もちろん、感じ方は人によって様々ですが、できれば使わない方がよい言葉を下記に記しておきましたので、ご参考ください。
重ね言葉・繰り返しの忌みを持つ言葉(不幸が続く事を連想させるため)
・重ね重ね ・またまた ・たびたび ・いよいよ ・返す返すも ・再三
・くれぐれも ・皆々様 ・重ねる ・繰り返す ・続ける ・追って ・続く など
【言い換え例】
「返す返すも残念」→「ほんとうに残念」
「皆々様」→「おおぜいの皆様」

◆悪い事を連想させる言葉
・とんだこと

◆直接的に死をあらわす言葉
・死亡 ・急死 ・死ぬ
【言い換え例】
「死亡」→「逝去」「永眠」「永遠の眠りにつく」
「急死」→「急逝」「突然のこと」

◆仏式葬儀での忌み言葉
・浮かばれない ・迷う など
【仏教のみで使う言葉】
「冥福」「供養」「仏教」「成仏」「合掌」

◆仏式葬儀ではよく使われるが、他の宗教では注意が必要な言葉
・成仏してください ・供養
※さらに、仏式でも浄土真宗では「冥福」「霊前」などの言葉は使いません。
【キリスト教の場合避けるべき言葉】
「お悔やみ」「哀悼」

お悔やみのあいさつ例
◆ 弔問・通夜の受付にて
「このたびはご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。」
「このたびは突然のことで、お悔やみ申し上げます」
「お参りさせていただきます」

◆弔問・通夜で直接遺族に
「この度は思いがけないお知らせをいただきました。ご家族の皆様はさぞかしご無念のことでございましょう。お察し申し上げます。私にできますことがありましたら何でもお手伝いいたしますので、何なりとお申し付けください。」

「この度は誠にご愁傷さまでございます。突然のことでさぞやお力を落とされていることと存じます。せめて、なにかお手伝いでもさせてください。」

「突然のことでお慰めの言葉もございません。心よりご回復を祈っておりましたのに、本当に残念でなりません。お疲れがでませんように、お体にお気をつけください。」

「この度は誠に残念なことになりまして、心からお悔やみ申し上げご冥福をお祈りいたします」

◆仏教以外の弔問
「お知らせいただきまして、ありがとうございました」
「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」(キリスト教)

弔辞
故人とプライベートや仕事などといったご縁が深かった場合、喪家より弔辞を頼まれたら(最近では、本人から弔辞を読ませてもらいたいと喪家に申し出る方もいらっしゃいます)基本的には断らないで引き受けるのが礼儀です。弔辞の目的としては、故人を弔い送るのみではなく、生前の業績をたたえ、故人の人となりや経歴を参列者に伝えることです。弔辞は奉読後に祭壇に備え、最終的には喪家にもとで保存されますので、できるだけ丁寧に書いて、文章は真心が伝わるように自分の言葉で書くのが良いでしょう。

弔辞作成のポイントと奉読の方法
●弔辞の作成

1.用意するもの
  (大判の巻紙もしくは奉書紙、毛筆、墨)

2.ごく一般的な弔辞文作成のポイント
  • 文章は原稿用紙2枚ぐらい
  • 1人3〜7分で、5分以内がベスト
  • まず、亡くなったことへの悲しみを述べます。
  • 故人の業績や人柄を、あまり大袈裟にならない程度に讃えます(エピソードを語るのが効果的)
  • 遺族を慰め、励まし、自分にできることがあれば力になりたいと誓います。
  • 最後に「安らかにお眠りください」「さようなら」といった別れのことばで結びとします。
    【文章作成にあったって注意したいこと】
    • 忌み言葉に十分注意する。宗教によってお悔やみの言葉が異なるので、先方の宗教も確認しておく
    • 故人の経歴や業績を入れる場合には、事前に遺族や関係者に確認しておく
    • 死亡原因(病気とか事故)については、詳しく述べるのがマナーですが、死に至った経緯などは、ある程度知っておいたほうが故人の一生を掴む上で必要
    • 遺族や参列者に不快感を与えるような記述は絶対に避ける
    • 哀悼の情を示すあまり、必要以上に遺族を悲しませるような表現は避ける
    • ほかにも弔辞を捧げる人がある場合には、遺族にその人と故人との関係をきいておいて、なるべく内容が重複しないように配慮する

    【弔辞の文例】
    ○○株式会社代表取締役、故○○○○殿の御葬儀が執り行われるにあたり、御霊前にお別れの言葉を申し上げます。 貴殿は昭和○○年に○○会社に入社され、営業部長、常務取締役を経て昭和○○年には代表取締役社長に就任されたのでありますが、この間○○年にわたり終始一貫社業の発展に尽瘁せられ、幾多の難局を克く打開して○○会社今日の隆運に大きく寄与せられました。

    顧みますと第二次世界対戦の混乱から現在まで我が国は幾多の困難な中を立ち止まってまいりましたが、こうした中で貴殿は温厚堅実な人柄と優れた創造性により、 業界の指導者として卓越した手腕を発揮され、殊に黎明期の日本の○○界に貢献された業績の偉大なことは、今更私の贅言を要しないところであります。

    最近の我が国経済は内外ともに幾多の問題をかかえており、○○界の果たすべき役割もますます大きなものとなっております。このような時にあたり、貴殿のような立派な指導者を失ったことは、ひとり御社のみならず、業界並びに広く社会経済界にとっても誠に大きな損失であると言わざるを得ません。

3.書き方と折り方
  • 大判の巻紙か奉書紙に毛筆で書くのが正式
  • 縦書きに書く
  • 巻紙の場合・・・最初に10センチほど余白を取って書く
  • 奉書紙の場合・・・1枚に収まるように書く
  • 巻く方法以外に、最近では経本のようにジャバラ折することも多いようです。
  • 巻紙も奉書紙の場合も、奉書紙を半分に切った上包み用紙を左前に3つ折りにし、その上に「弔辞」もしくは「弔詞」と上書きします。

奉読の作法
弔辞は書き上げられた文章を朗読する形がほとんどです。
  1. 司会者に指名されたら席を立ち、弔辞は上包みに入れて手に持つか、あるいは上着のポケット、和服の場合は懐に納めて祭壇の前に進む。

  2. 祭壇の前で僧侶、遺族に一礼する。

  3. 遺影に向かって深く一礼してから上包みを開けます。

    <<弔辞の開き方>>
    両手に包みを持ち、右手で開いて弔辞を取り出す。
    いったん弔辞を包みの下に重ね持ち、開いた包みを右手でたたむ。
    包み紙を弔辞の下に重ね持って読。※上包みは弔辞の下に持ちますが、かたちにこだわらないで、かたわらの卓上や畳の上に置いてもよいでしょう。

  4. 弔辞は目の高さにかかげ、姿勢を正して、声は落とし気味にまず「弔辞」と言って読み始める。
    【読み方のコツ】
    故人に語りかけるように、一語一語の発音ははっきりと、かみしめるように読むのがコツ。マイクを使うときは、あまり大きな声で読まないほうがよいでしょう。

  5. 読み終わったら、弔辞用紙を元通りたたみ、再び上包紙に納めて、表書きを霊前に向け卓上に置きく。遺影に一礼したあと僧侶、遺族席に一礼して席に戻る。

    ※弔辞は、読み上げるだけで持って帰ることもあり、また、病気や諸事の都合で葬儀に参列できない場合は弔辞をテープに吹き込んで代理の者にもたせ、それを回してもらうこともあります。葬儀場へは、ふくさで包んで持っていくのが正式です。用意できない場合は、きれいな紙に包んで持っていきます。

弔電
やむを得ない理由で葬儀に出席できない場合、喪主・親族にむけて電報を送る事を弔電といいます。 ここで注意したいのは、喪家では葬儀の準備などで忙しく、さまざまな連絡用に電話を使用しなければならないため、電話の利用は避け、なるべく電報を利用するようにしましょう。

◆弔電の依頼について
弔電は、電話・ファックス・インターネットから申し込むことができます。このとき、お葬式する場所、日時、電話番号、喪主名などを控えておくと良いでしょう。
【主な申し込み先】
電話(ファックス) NTT115
※郵便局等から打つ場合は、電報発信用紙に記入します
インターネット 東日本は、http://www.ntt-east.co.jp/dmailから
西日本は、http://dmail.denpo-west.ne.jp/から申し込むことができます。
※精算はクレジットカード決済です。

◆弔電の文例
『謹んで哀悼の意を表します。』
『御逝去をいたみ御冥福をお祈り申しあげます。』
『ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。』
『〜様のご訃報に接し、心から哀悼の意を捧げます。』
『悲報に接し、悲しみにたえません。心よりご冥福をお祈りいたします。』
『ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。』


参列時のマナー〜その1〜  服装について
参列時のマナー〜その2〜  香典について
参列時のマナー〜その3〜  受付の方法
参列時のマナー〜その4〜  あいさつについて
参列時のマナー〜その5〜  お通夜のマナー
参列時のマナー〜その6〜  仏式について
参列時のマナー〜その7〜  神式について
参列時のマナー〜その8〜  キリスト式について
参列時のマナー〜その9〜  お葬式・葬儀に参列できない場合の対処

お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介

copyright © お葬式情報ネット All Rights Reserved.