全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

“通夜”とは、その字の通り夜通し遺体とともに過ごすことを言うのですが、現在では夜通し柩を守るのは、近親者に限られます。しかし、都市部を中心に夜通し行う通夜は、火災などを予防するための建物の規制などから、減少し、2時間程度の「半通夜」が多くなっています。通夜は正式な儀式ではなく、身近な親しい人の集まりでしたが、最近は、平日の昼間よりも夜の弔問が便利ということで通夜に弔問する会葬者が増え、通夜という名の夜間告別式になってしまっているのが実情です。通夜には厳密なしきたりといったものはありませんが、席順は血縁の近い人から祭壇のそばの席に着くのが普通です。 携帯電話の電源はOFFにしておきます。


仮通夜
仮通夜は、準備などでとても慌ただしい時です。また遺族の方は、家もしくは病院で長い間看病されていたことが多いので、精神的にも肉体的にも、疲れていることもあります。仮通夜の時は、亡き人を思い、哀しみに暮れているときでしょう。余程故人と親しかった場合を除いて、入り口で挨拶だけして失礼するほうがよいでしょう。仮に勧められてお家に上がった場合も、長居は避けるようにしましょう。

本通夜
本通夜で焼香をした後、通夜振る舞いに誘われたら、断らず一口でもいいですから箸をつけるべきです。これは喪家の心遣いに応えるためにも必要な事です。ただし、本通夜の際にもあまり長居しないようにしましょう。翌日の葬儀・告別式に参列できない方は、手短なお悔やみの言葉と共に、その旨をお詫びします。

ご遺体との対面
故人と特別に親しかったという場合を除いて、故人との対面は、勧められない限り控えるようにしましょう。逆に、大変親しくお付き合いしていた方が亡くなられた場合は遺族の方からぜひ一目対面してやって欲しいと請われる事もあるでしょう。
その際には、まず遺体の枕元から少し下がって正座します。一礼のあと、遺族が顔の白布を外したら膝をつけたまま近づきます。対面のあと、もう一度一礼して合掌します。そして遺族にも一礼するのですが、この時「安らかなお顔で〜」など、一言かけてあげましょう。
故人との対面の場合も、やはり長居をしないようにしましょう。


参列時のマナー〜その1〜  服装について
参列時のマナー〜その2〜  香典について
参列時のマナー〜その3〜  受付の方法
参列時のマナー〜その4〜  あいさつについて
参列時のマナー〜その5〜  お通夜のマナー
参列時のマナー〜その6〜  仏式について
参列時のマナー〜その7〜  神式について
参列時のマナー〜その8〜  キリスト式について
参列時のマナー〜その9〜  お葬式・葬儀に参列できない場合の対処

お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介