全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。



代理人へ弔問を依頼する
死亡の連絡を受けた本人が不都合な場合は、家族が「代理人」として弔問に行くこともできます。 通常、代理人は配偶者ですが、成人に達していれば息子や娘でも構いません。また、代理人は故人や遺族と面識がなくても構いません。
もし、本人も代理人も弔問に行くことができない場合には、電話でお悔やみを・・・、と考えがちですが、必ず弔電を打つようにしましょう。喪家は取り込み中ですから、電話口に呼び出すことは配慮に欠けます。電話は避け、お悔やみの手紙を、弔問にいけなかった事情を含めて書くようにしましょう。
そして本人は、後日あらためて弔問するようにしましょう。

代理人として弔問する人は、喪家に行ったら、代理で来た事情を伝えて、お悔やみを述べましょう。
参考例)「主人が九州に出張しておりますので、本日は私が代理で参りました。この度は誠にご愁傷様です。お悔やみ申し上げます。主人も大事のときに申し訳ないと申しておりました。」

自分には面識がなく、純粋に代理として参列する場合は、受付で香典を手渡した後に、来られなかった方の名前を記帳します。 その場合は、代理で持参したことを示すために、来られなかった人の名前の下に「代理」(妻の場合は「内」)と書き、その下に自分の名前を小さく記しておきます。

他の人の香典を預かっている場合は、受付で香典を渡した後、自分の名前の他に、預かってきた人の名前も別欄に記帳します。

葬儀に参列できない場合は、お悔やみの言葉を書いた詫び状を出します。また、訃報を遅れて受取った場合でも、人から間接的に知った場合でも、今初めて知ったことを正直に伝え、すぐにお悔やみの手紙を出しましょう。
近日中に弔問できない場合には、香料も添えて送っておきましょう。

別に事情があって参列できない場合の文面
ご生前のご厚情を思えば、お見送りしなければなりませんのに、やむを得ない事情がありまして告別式には参列できませんが、どうぞお許し下さい。故人のご冥福を祈って手を合わせております。

年賀欠礼状を受け取ってはじめて死亡を知った場合の文面
年賀欠礼のお知らせをいただき、たいへん驚いております。お病気で入院されていたことを少しも存じあげていなかったとはいえ、お見舞いもお悔やみも申し上げず失礼いたしました。

不幸を後から知った時のお悔やみ(事例)
○○様ご逝去の報に接し、皆様お力落としいかばかりかとお慰めし申し上げる言葉もございません。
承りますれば、長くご療養中のところ、看病のかいもなく永眠されたとのこと。出張中で存じ上げなかった事とは言え、ご生前のご芳情を思い出すにつけ、自責の念にたえません。
心ばかりのご香料を同封させていただきましたので、御霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。


参列時のマナー〜その1〜  服装について
参列時のマナー〜その2〜  香典について
参列時のマナー〜その3〜  受付の方法
参列時のマナー〜その4〜  あいさつについて
参列時のマナー〜その5〜  お通夜のマナー
参列時のマナー〜その6〜  仏式について
参列時のマナー〜その7〜  神式について
参列時のマナー〜その8〜  キリスト式について
参列時のマナー〜その9〜  お葬式・葬儀に参列できない場合の対処

お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介

copyright © お葬式情報ネット All Rights Reserved.