全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

ご存知でしたか?法律上、故人の銀行預金や郵便貯金は
死亡の時点から遺産として相続の対象となります。

金融機関は名義人の死亡を知った時点からその預貯金の口座を停止する義務がありますその結果、該当する口座の取り扱いがコンピューターによりロックされ、窓口でもキャッシュカードでも引き出せなくなります。


限度額があるものの凍結された預貯金から現金を引出すことが可能です。


故人の戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明、遺産分割協議書を添えて金融機関で手続きを行います。 ※遺産相続について正式に決まっていなければならず、凍結された預貯金の口座を引き継ぐ人も決まっていなければなりません。

150万円まで引き出し可能

金融機関が名義人の死亡を知る前に、すでに引き出されていた場合については、金融機関が返還を求めることはないようです。
死亡した人の口座が停止されることにより、その口座への入金や送金もできなくなってしまいます。口座から自動引落しになっている公共料金などの支払もできなくなってしまうので注意しましょう。




葬儀後の手続きの提出先や、手続きに必要な書類などをリストアップしました。
一つずつチェックできるよう、印刷してご利用ください。


お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介