全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

病気療養中にかかる医療費のうち、健康保険・国民健康保険を利用した場合の自己負担が一定額を超えた場合は、その超えた分のお金が後で払い戻されます。これを「高額療養費」といいます。

1つの保険証について医療費の自己負担額が1件(1人がある月内に、同一の保険医療機関で同一の診療科を受診し、支払った自己負担分)で1ヵ月63,600円(低所得者の場合は35,400円)を超えた場合です。

※ 総合病院などでは各科ごとに異なります。
※ 入院と外来もそれぞれ別々に計算されます。

2人以上の合計が63,600円を超えた分についても払いも戻されます。

※但し、1人分が3万円未満のものについては該当しませんので注意してください。
例)A(25,000円)+B(33,000円)C(30,000円)=88,000円
  Aが3万円未満で該当せず、B+Cの合計63,000円では払戻しの対象になりません。

※高額療養費に該当する医療費を、その月を含めて過去12ヵ月間に4回以上支払った場合は、4回目以降の分から37,200円(低所得者の場合は24,600円)を超えた分が払い戻されます。


●健康保険から高額療養費をもらう手続き
高額療養費を支払って2〜3ヵ月後、健康保険担当部署から案内(ハガキの場合が多い)がきます。その案内を窓口に持参します。
窓口:健康保険の場合は健康保険組合事務所か社会保険事務所。国民健康保険の場合は役所の健康保険課
必要なもの:健康保険証、認印、案内のハガキ、医療機関の領収書
期限:領収書の日付kら2年以内



葬儀後の手続きの提出先や、手続きに必要な書類などをリストアップしました。
一つずつチェックできるよう、印刷してご利用ください。


お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介