全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

故人が厚生年金や共済年金に加入していた場合、ある一定の条件を満たせば、遺族厚生年金(遺族共済年金)とあわせて遺族基礎年金が支給されます。
〔条件〕
  1. 厚生年金の加入者または老齢基礎年金をもらう資格期間(25年以上の加入)を満たした人が死亡したとき。

  2. 故人によって生計を維持していた「子のある妻」または妻のない場合はその「子」
    ※ 子の年齢は18歳(1級か2級の心身障害のある場合は20歳)(3月31日)をもって基準とする)とされています。子がいても、その子が18歳を超えると「子のある妻」ではなくなり、遺族基礎年金はもらえません。もらえるのは遺族厚生年金だけになります。

●遺族基礎年金の支給額(H17度 価格)
1.子のある妻の場合年間1,023,100円
2.子のみの場合年間794,500円
3.子の2人目まで1人につき年間228,600円 加算
4.子の3人目から1人につき年間76,200円 加算

●厚生年金・共済年金の遺族基礎年金をもらう手続き
申請は「遺族基礎年金裁定請求書」に記入して行います。申請できるのは故人の遺族で、子のある妻、 妻のいない場合は子。
窓口社会保険事務所(勤務先又は居住地区を管轄する事務所)、共済組合の事務所
必要なもの年金手帳、除籍謄本、認印、死亡届記載事項証明書か死亡診断書の写し、住民票(全員分)、振込先口座番号、所得証明書
期限故人が死亡した日から5年以内



葬儀後の手続きの提出先や、手続きに必要な書類などをリストアップしました。
一つずつチェックできるよう、印刷してご利用ください。


お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介

copyright © お葬式情報ネット All Rights Reserved.