全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

故人が厚生年金や共済年金に加入していた場合、ある一定の条件を満たせば、遺族厚生年金や遺族共済年金が支給されます。2つとも手続きにおいてはほぼ同じです。
〔条件〕遺族厚生年金の場合
  1. 厚生年金保険にの加入していた本人(被保険者)が在職中に死亡したとき。

  2. 厚生年金保険の被保険者の資格を喪失した後、加入していたときのケガや病気が原因で、初診日から5年以内に死亡したとき。

  3. 1級か2級の障害厚生年金を受けている人が死亡したとき。

  4. 老齢厚生年金を受けている人が死亡したときや、受ける資格期間を満たしている人が死亡したとき。
    ※ 遺族の範囲・・遺族基礎年金の対象者である「子のある妻」または「子」のほか、「子のいない妻」、「55歳以上の夫・父母・祖父母」及び「18歳(1級か2級の心身障害の場合は20歳)未満の孫」 但し、夫・父母・祖父母への実際の年金支給は60歳から
年金の加入期間や扶養家族の数、給与額などで変わってきます。原則としては夫が生きていた場合に受け取ることが出来た老齢厚生年金または退職共済年金の4分の3の金額になります。

●厚生年金・共済年金の遺族厚生年金(遺族共済年金)をもらう手続き
申請は「遺族厚生年金裁定請求書」に記入して行います。申請できるのは故人の遺族で、配偶者・子・父母・孫・祖父母で優先権もこの順です。妻のいない場合は子。
窓口会保険事務所(勤務先を管轄する事務所)、共済組合事務所の給付係
必要なもの年金手帳、除籍謄本、認印、死亡届記載事項証明書か死亡診断書の写し、住民票(全員分)、振込先口座番号、所得証明書
期限故人が死亡した日から5年以内



葬儀後の手続きの提出先や、手続きに必要な書類などをリストアップしました。
一つずつチェックできるよう、印刷してご利用ください。


お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介