全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

遺族基礎年金基金の支給が無い場合の変わるものとして夫の死亡時に妻が35歳以上65歳未満であり、子が18歳(1級か2級の心身障害のある子の場合は20歳)に達したとき、その妻には「中高齢寡婦加算」を受給する権利が発生します。
実際の支給は40歳以上から65歳未満まで行われます。支給額は年間596,000円(平成17年度価格)です。但し、妻が65歳になると妻自身が老齢基礎年金をもらえるので支給は停止されます。
※65歳以後は妻の生年月日により減額された経過的寡婦加算として支給されます。



葬儀後の手続きの提出先や、手続きに必要な書類などをリストアップしました。
一つずつチェックできるよう、印刷してご利用ください。


お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介