全国の葬儀社・斎場選びのサポート〜葬儀・お葬式の相談そして、安心の葬儀社を無料でご紹介します。
[ 印刷してご利用ください ]
http://www.osoushiki-info.net/i/
QRコードの読込みができない方は、携帯アドレスを入力して送信して下さい。

国民年金の第1号被保険者が死亡したとき、保険料を納めた年数によって遺族に一時金として支給されるものです。
〔条件〕
  1. 故人が保険料を3年以上納めていて、老齢基礎年金も障害基礎年金ももらわないままで死亡したとき、その遺族に支給されます。と生計をともにし、かつ10年以上婚姻関係があることが条件です。

  2. 死亡一時金を受け取れる順位は、1.配偶者 2.子 3.父母 4.孫 5.祖父母 6.兄弟姉妹で順位が先の者、かつ、生計と共にしていた者に権利があります。

遺族基礎年金は死亡一時金より金額的に有利なので受給できるようであればそちらを選んだ方が良いようです。
寡婦年金と死亡一時金では、場合によっては一時金のほうが有利な場合もあります。どちらか有利な方を選んだほうが良いでしょう。

●国民年金死亡一時金支給額
保険料を納めた期間一時金
3年〜15年120,000円
15年〜20年145,000円
20年〜25年170,000円
25年〜30年220,000円
30年〜35年270,000円
35年〜320,000円

●国民年金の死亡一時金をもらう手続き
申請は「寡婦年金裁定請求書」に記入して行います。申請できるのは故人の遺族で、遺族基礎年金や寡婦年金を受けられない場合に限ります。3年以上保険料を納めていたことが条件で、納めた年数に応じた支給額となります。
窓口役所の国民年金課
必要なもの年金手帳、除籍謄本、認印、住民票(全員分)、振込先口座番号など
期限故人が死亡した日から5年以内



葬儀後の手続きの提出先や、手続きに必要な書類などをリストアップしました。
一つずつチェックできるよう、印刷してご利用ください。


お葬式情報ネットでは、葬儀後に関するご相談もお受け付けしております。お気軽にご相談されてください。



葬儀のご相談〜葬儀社紹介